BISERA(ビセラ)副作用

ビセラの口コミ・評判

ビセラに副作用の危険はある…!?大豆・乳アレルギーがあるとNG?

投稿日:2019年6月4日 更新日:

腸内フローラを改善して内側から健康をサポートしてくれると話題のビセラですが、安心して飲むことができるのでしょうか?

口に入れるものなので、副作用がないかどうか気になりますよね…!?

あーちゃん
そこで今回は、ビセラの副作用について調べてみました。

\今だけ初回500円キャンペーン実施中!/

ビセラの公式サイト

※2回目以降も30%OFFで購入可能

ビセラの全成分・原材料をチェック

まずはビセラの全成分を調べてみました。

食物繊維(有機アガベイヌリン)、乳酸菌(殺菌)(乳成分を含む)、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)(大豆成分を含む)、酪酸菌末(乳、大豆成分を含む)、乳酸菌プレミックス(乳酸菌29種)(乳成分を含む)、乳酸菌末(乳成分含む)、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、ガラクトオリゴ糖、デキストリン、マルトデキストリン/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、HPMC、増粘剤(ジェランガム)、微粒二酸化ケイ素

これがビセラの全成分です↑

ビセラには腸内フローラを整えるサポートをする短鎖脂肪酸をダイレクトに配合されており、その他ダイエットサポート菌(乳酸菌)が1袋に1兆個も入っています。

それぞれ成分をチェックしてみましょう!

ビセラは短鎖脂肪酸がポイント!

短鎖脂肪酸はもともと腸内フローラから生成されます。

悪玉菌の増殖を抑えたり、大腸の粘膜に作用してぜんどう運動を促したり、吸収されてエネルギーになります。

腸の働きが改善されるので、便秘が治りやすくなります。

免疫力にも関係しているので、飲み続けることによって疲れ知らずで元気な体作りを目指すこともできるでしょう。

32種類のダイエットサポート菌(乳酸菌)

ビセラには32種類の乳酸菌も配合されていて、これらは短鎖脂肪酸との相性がとても良く、相乗効果によって腸内フローラの調整に働きかけます。

ダイエットサポート菌の数はなんと1袋あたり1兆個です。

その中でも特に注目すべき菌は、

  • ラクリス菌
  • EC-12菌
  • ナノ乳酸菌

の3つです。

腸内に留まる時間が長い菌、小さくて体内に取り込みやすい菌などが厳選されて配合されています。

また、種類が多いのも嬉しい点!

乳酸菌は1種類を多く摂れば良いわけではなく、複数の種類を摂取することが推奨されています。

ビセラに副作用の危険性はあるの?

ビセラはサプリメント(健康食品)に分類されるため、薬(医薬品)とは異なり基本的に副作用はありません。

副作用ではありませんが、飲み始めてからおならが出やすくなる人もいます。

これはビセラに含まれる酪酸菌が腸内フローラを活性化するためで、徐々に調子も良くなっていくでしょう。

お腹が緩くなることがある?

酪酸菌は短鎖脂肪酸をサポートして腸内フローラを改善する働きがあるので、

飲み始めてすぐの頃にお腹がゆるくなる方もいらっしゃるようです。

考えられる原因としては、食物繊維を摂りすぎているからではないでしょうか。

乳酸菌は基本的に過剰摂取しても腹痛が起こる危険性は低いですが、食物繊維は過剰に摂取すると腹痛が起こる可能性もあります。

これは副作用ではなく、腸内フローラの活性化によるものなので様子を見ながら使用するのが良いと思います。

1日の摂取量は必ず守る

サプリを飲む女性

ビセラに副作用の心配はありませんが、1日の目安摂取量1粒は守るようにしましょう。

もし飲み忘れた場合は、翌日に2粒飲めば問題ありません。

一度にたくさん飲みすぎた場合などは、体調が悪くなる可能性もあるので注意してくださいね。

もし調子が悪くなった場合は医師に相談

ビセラ自体に副作用の報告はありませんが、もし体調に異常をきたす場合は医師に相談することをおすすめします。

\今だけ初回500円キャンペーン実施中!/

ビセラの公式サイト

※2回目以降も30%OFFで購入可能

アレルギーがある人は注意が必要?

ダメポーズ

ビセラには大豆や乳成分が含まれています。

ですので、大豆や乳成分にアレルギーがある人は注意してくださいね。

できるなら医師に相談し、安全であると確認してから飲んだ方が良いでしょう。

腸内環境を整えるとアレルギー症状が緩和すると言われることもありますが、無理は禁物です。

何かあってからでは遅いので、アレルギー持ちの人は日頃から成分表を確認しておきましょう。

妊娠や授乳中の摂取は大丈夫?!

ビセラ 妊娠中OK

妊娠中の飲用については公式サイトの「よくあるご質問」にも掲載されています。

ビセラは副作用の出るような成分は配合されていないため、妊娠中や授乳中でも飲むことができます。

ただし、下記2点が推奨されています。

  • 1日の摂取量をきちんと守ること
  • 摂取前には念のため医師や看護師に相談すること

もし無害で安全だと分かればぜひ摂取したいですよね。

特に妊娠中は便秘になりやすいですから、悪化する前に腸活しておきたいものです。

もちろん、上記にあるようにアレルギー持ちの人は注意!

妊娠・出産を経て体質が変わる場合もありますから、やはり事前に医師や看護師に相談することをおすすめします。

まとめ|副作用の心配はないが使用法に注意

ビセラの安全性について、おさらいしておきましょう。

  • 基本的に副作用の心配はなし!
  • 腸内環境が活性化されておならが出やすくなることも
  • アレルギー表示義務または奨励されている特定原材料は含まない
  • 糖尿病治療中の方はNG
  • 妊娠中・授乳中の方は飲用を控える

ビセラは酪酸菌や乳酸菌など"善玉菌"の成分がメインですので、副作用についてそこまで神経質になる必要ないでしょう。

毎日飲み続けて腸内フローラを活性化してくださいね!

\今だけ初回500円キャンペーン実施中!/

ビセラの公式サイト

※2回目以降も30%OFFで購入可能

-ビセラの口コミ・評判

Copyright© ビセラの口コミ調査隊 , 2019 All Rights Reserved.